読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨と紅茶と椅子のうえ

愛想くらいはいい子でありたい

株式会社LIGを退職して、フリーランスになりました

3月31日をもって株式会社LIGを退職いたしました。4月1日に退職エントリーを出したのですが、日付が悪かったせいで「エイプリルフールだろ」と思われてしまったようです。 退職は嘘ではなく、本当のお話でした。 急な退職となり、お世話になったみなさまへの…

いぬのプウちゃん

3月3日、いぬのプウちゃんが死んだ。 14歳と7ヶ月、心臓の病気だった。わたしたち家族は、一日も欠かさずにこの子を愛していた。 ※本エントリは、極めて個人的な内容です。あらかじめご了承ください。 == 転校が多かったわたしたちは幼少期を東京や福岡で過…

【3日目】帰りたくない…。東京都にある無い無いづくしの島「利島」は何も無いのが最大の魅力だった #tokyo島旅山旅

おはようございます。さえりです。東京都の観光PR事業のために、東京都にある離島、利島にきています。 ※この記事は、利島3日目のレポートです。 1日目「【1日目】人口300人、周囲8km!東京の離島「利島」は見事に何も無い島だった #tokyo島旅山旅」 2日目「…

【2日目】東京の空とは思えない! 一年中天の川が見える「利島」の星空が美しすぎた #tokyo島旅山旅

利島二日目 こんにちは! さえりです。東京観光PR事業のために利島に行ってきました! ※ この記事は利島旅2日目の記事です。 利島について書いた、ぜひ1日目から読んでくださーい! 【1日目】人口300人、周囲8km!東京の離島「利島」は見事に何も無い島だっ…

【1日目】人口300人、周囲8km!東京の離島「利島」は見事に何も無い島だった #tokyo島旅山旅

利島に行ってきた こんにちは! さえりです! 東京観光PR事業のため、東京にある離島「利島(としま)」に行ってきました! 利島とは伊豆諸島にある島のひとつで、船とヘリで最速4時間程度でいける島なんです。 「利島? 聞いたことない……」 ……という声が聞…

【仕事まとめ】2015年印象に残った仕事たち

こんにちは! さえりです。もう12月31日ですね。今年は今までで一番早かったかもしれない……。 私にとって社会人2年目の今年でしたが、出版社を退職し株式会社LIGへ転職してからは、とにかく日常が慌ただしく過ぎていきました。転職を機に働き方、仕事の内容…

【熱意しかない】プレゼントされたい綾野剛 50選

こんにちは! さえり(@N908Sa)です。 12月9日に書いた記事「 プレゼントは日常に 【#アドカレ2015】 - 雨と紅茶と椅子のうえ 」と同じ企画「アドベントカレンダー」の二回目のバトンが回ってきました。 この企画は、クリスマスまでの25日間、13人がリレー方…

「切り取る」シリーズ集

「切り取る」シリーズをまとめて見たいというひとがいたので、いくつかピックアップしてブログにつらつら貼り付けてみる。 チェキを買ってなにか遊んでみよう、と思って、景色のなかでも特に「変わりゆくもの」をメインに切り取ってみた。 2年間撮りためた「…

「なんとかする」台湾初日

台湾にきた。 なんでかわからないけど、日常的を慌ただしく過ごしているうちにチーム内でそういう話になっていて、いつのまにか自腹切って台湾にいた。 有給などではなく「台湾で通常業務をこなすように」ということだった。 以前セブに出張に行った時は、向…

プレゼントは日常に 【#アドカレ2015】

目が覚めると、起き上がらずにそのまま手を枕元へと伸ばし、プレゼントを探した。 眠たくていまが何時だかわからなかったけれど、プレゼントが置いてあるかもしれないことだけはずっと頭の片隅にあって、目が覚めるたびに枕元に置いてあるであろうプレゼント…

変わらないことの安心(執筆7日目)

だいぶ生活が変わってしまったな……と思うことはよくあるし 自分自身の変化に「おやっ」と思うことも多々あるけれど、 だけど、もっとよく考えたら、昔とさほど変わっていない自分に気づく。 それにハッとしたり、少しギョッとしたり。様々な感覚を呼び起こし…

「嫌われたら、それまでだ」(執筆6日目)

「嫌われたら、それまでだ」と心に言い聞かせることは、ひとを生きやすくさせてくれると思う。 この場合の生きやすいとは、自分のこころの赴く方向に自然とうごいていけるということ。幸せの尺度を、他人のなかにではなく自分のなかに置くことができるように…

やさしくなりたい(執筆5日目)

自分でもいやになるくらい、人にやさしくできないときがある。 やさしくしたいと思うのに、それができなくてなんだかツンケンした物の言い方になってしまったり、年配の人をみて「席を譲ったほうがいいかな」と頭の端で思いながらも寝たふりをしてしまったり…

パリっとした生き方(執筆4日目)

悪びれない女の人に憧れる。わがままで男の人を振り回していても、自分自身に正直に生きているせいなのかちっとも悪びれないその様子に、惚れ惚れする。 女の子の友達に、悪びれずに世間一般でいう"浮気"をする子が何人かいるのだけれど、彼女たちにとって、…

時間泥棒はいない(執筆3日目)

「あれ?今日は何日だっけ?」 歩きながらふと思い出せば今はもう7月15日。この前までまだ4月だったのに?つい昨日梅雨入りしたのに? 流れる時間の中で、流されるがままに生きているけれど、ふっと立ち止まり時間を再認識するあの瞬間はちょっと怖い。ふい…

ナンパな話(執筆2日目)

「すいません、いま何してるんですか?」 渋谷や新宿など、人の多いところにいくと、よくナンパされる。わたしがあまりにトロトロ歩いているせいか、はたまたヘラヘラした空気があるのか、それとも簡単に落とせそうな雰囲気があるのかは定かではないが、いず…

文章を書くこと(執筆1日目)

LIGに入社してから時間が慌ただしく過ぎていって、日々ゆっくり自分のことを考える時間もほとんど取れなくなってしまった。 それはそれでとても楽しいことなのだけど、書いたり創ったりするのが趣味であり癒しの手段でもある自分には時に物足りなく感じるこ…

常識コレクション

「常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう」ーアルベルト・アインシュタインアインシュタインがいうには、常識とは、たかだか偏見のコレクションのことらしい。集めたコレクションにこだわりのある人は「ほら、これもいいだろう、あ…

剥がれないレッテル

「レディと花売り娘との差は、どう振る舞うかにあるのではありません。どう扱われるかです。 私は、貴方にとってずっと花売り娘でした。なぜなら、貴方はずっと私を花売り娘として扱ってきたからです」 これはマイフェアレディ、イライザの台詞。 イライザの…