読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨と紅茶と椅子のうえ

愛想くらいはいい子でありたい

時間泥棒はいない(執筆3日目)

f:id:Saeri:20150716002730j:plain

「あれ?今日は何日だっけ?」

歩きながらふと思い出せば今はもう7月15日。
この前までまだ4月だったのに?つい昨日梅雨入りしたのに?

流れる時間の中で、流されるがままに生きているけれど、ふっと立ち止まり時間を再認識するあの瞬間はちょっと怖い。ふいに自分が置いてけぼりにされているようなあの感じ。

LIGに入ってからは、家に着いたころには大体12時を回っているし、お風呂に入ってTwitterをいじって眠りについたら、次目を開けたときにはもう朝だ。
その上、朝の苦手なわたしはギリギリまでお布団と仲良くしてしまうので、優雅にコーヒーを楽しむ間なんてなく、手の残像が見えるのではないかというほどの速さで準備をして家を出てしまう。 

そんな暮らしを続けていれば、 気づけば5月だし、気づけば6月だし、気づけば今日、7月15日である。
こんな風に一年間を過ごしていくと思うと身震いがする。

 
わたしの時間は一体どこにいったのだろう?


前職で、仕事が終わるのをいまかいまかと待ち望み、時計の針が18:00を指すのを見届けて、あからさまにゆっくりな動きで帰りの準備をし、ついでに机の整頓までして、加えて「あっ、そういえば〜」などと何かを探すふりをして18:03を指した頃にタイムカードを切るような生活を送っていたわたしにとって、今の時間の流れはあまりにもはやい。出社したらあっという間に23時だ。もしや誰かがわたしの時間を盗んでいるのではないか?と疑ってしまうほどに。

 

LIGに入ってから、わたしの時間とやらは幾分かは消えてしまったのではないかと時に感じるけれど、みなさんご存知のように時間は平等に与えられている。

きっとわたしが会社のチームのみんなとくだらない下ネタを話してゲラゲラ笑い、涙までもを流している時間も、エクセルを開いたままのパソコンを前に爪をいじりながら時間を過ごしているOLが丸の内にいるだろうし、「来週インドに出張にいってくれないか」とカフェで言われているサラリーマンもいるだろう(この前サンマルクカフェで見かけた)。

 

昔、帰り道を歩いていたら道にガーベラが2本綺麗に並んで落ちていたことがあったのだけど、わたしが会社でバタバタとライターさんと連絡をとっている間に、ガーベラを買って彼女にあげようとしたのに「今日は会えない」なんて気まぐれに言われて、悲しみのあまり道にそっとガーベラを置いていった男の人がいたのかもしれない。

そんな彼らが過ごしているその時間と平等にわたしにも時間があって、何をしているのかもう思い出せないくらい慌ただしく過ごした1日も、確実に積み上げられているはずで(そうでありたい)。

 

最近「時間がない、時間がない」と嘆いていたけれど、結局、時間は放っておくと"流れてしまう"ものなんだと思う。


意識しなければ消えたようにさえ感じてしまうものだから、なおさら「時間は作るもの」なんだなということを心底感じる。

書く時間も、作る時間も、人と会う時間も。


待っていても訪れないから、自分で作らなきゃいけない。忙しい会社にいればいるほど時間の貴重さに気づくなんて皮肉だ。あんなに暇なOL時代を過ごしていたのに。あの時間を今にあてたい。

時間はみんな同じに与えられている。

暇なOL時代、わたしは帰社後に何をしただろうか?

…なにもしていない。時間があっても、何もしていないのだから、時間がなければなおさら何もしないだろう。だからやっぱり時間は作るもの。少しずつ、自分のための時間を作りだしながら日々を積み上げていきたい。そんなことを書きながら、今日もいつのまにか1日が終わっていく。

 

…こんなに早いなんて、やっぱり時間泥棒がいるんじゃないか?と疑ってしまうわたしなのでした。