読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨と紅茶と椅子のうえ

愛想くらいはいい子でありたい

「なんとかする」台湾初日

 

台湾にきた。

なんでかわからないけど、日常的を慌ただしく過ごしているうちにチーム内でそういう話になっていて、いつのまにか自腹切って台湾にいた。

有給などではなく「台湾で通常業務をこなすように」ということだった。

 
f:id:Saeri:20151211121249j:image
 
以前セブに出張に行った時は、向こうでやるべき(依頼されている)仕事があったのに、今回はまだ特にない。つくづく自由な会社だなあと思う。
 
f:id:Saeri:20151211021403j:image
 
台北に着いた時間は、朝の4時。
 
雨上がりの街並みには、新聞配達員たちがひっそり静まり返って配達の準備をしていて、それも相まってやや不安な始まりだった。
 
f:id:Saeri:20151211112839j:image
 

朝、絶景の写真を撮りに行ったチームメンバーと分かれて、わたしは後輩と2人で街中取材のリサーチへ。 

 

台湾でやるべき仕事をつくるために、じつは出発の2日前にツイッターでこんなことを書いてた。

 
そうしたらすぐに、日本にいる方から台北の企業を紹介してもらえた。 
今日はその人に会いにいくことしか、決まってなかった。
 
f:id:Saeri:20151211021716j:image
 
明らかに古すぎる現地のホテルを一泊3000円で予約して、いちにちがはじまる。
 

f:id:Saeri:20151211112917j:image

はじめて歩く台北を見つめていたら、東京にいる錯覚に襲われる。人が多くて、でも誰もこちらに気を留めていない台北は、東京に似ている。
 

f:id:Saeri:20151211024256j:image

会いに行ったのはこのスタジオを運営している方。
 
f:id:Saeri:20151211121310j:image
 
f:id:Saeri:20151211021741j:image
 
ここはゲームの実況を配信するスタジオなんだそう。https://www.facebook.com/SHIRYOUKOSTUDIO/
 
モンスターストライクやストリートファイターIIなどをはじめとしたゲーム実況配信や、台湾のYoutuberのマネジメントも行っているときいた。
 

f:id:Saeri:20151211021726j:plain

代表取締役の埴渕さんに事の顛末をはなしたら、優しくほんわかとした口調で、たくさんの企業を紹介してくれた。

それに台北のこともたくさん。

 

どこに取材にいくべきか、どこに美味しいものが待っているのかも教えてくれた。スタッフの女の子たちともお話をして、検索では知ることのできなかった話もきけた。

生の声、こんなにすぐにたくさん集められるなんて。と、ちょっと感動した。

 

最後に「台湾でゲームを広めたいときは連絡してね」と言っていたから、いつか力になれる日が来たらいいなとおもう。

f:id:Saeri:20151211114959j:plain

教えてもらったおかげで「日本の原宿みたいなものだよ」と言われる場所に行くこともできた。

f:id:Saeri:20151211024507j:image

顔はうつさないで、といわれたストリートミュージシャンの日本人男性はディジュリドゥの練習中だそう。

「いらっしゃいませ」と街中で唐揚げを売るおじちゃんは、3年前に台湾に店を出したらしい。

台湾にも、いろんな人がいる。

f:id:Saeri:20151211021825j:plain

台北1日目にして、たくさんの縁をつないでもらえた。

 

しあわせで「ありがたいなあ」という感謝の気持ちばかり湧き出てくる。

「縁」とか「有難い」とか「感謝」とか、よく聞くし、聞き飽きたし、でもたぶん、本当にこういう時に使う言葉なんだとおもう。

 

f:id:Saeri:20151211113754j:plain

 

ほんとは少しだけ不安だった。

何も決めてないし、何も特別な仕事ないし(通常業務は合間にこなしているけど)、台北ってなんだよどこだよしらないよほんとにってかんじだし、慌ただしく仕事してたら台北にいたし。

 f:id:Saeri:20151211024654j:image

 

でもあれだ、なんとかなりそうな気がしてきた。というか、なんとかしよう。

取材したいものも決まったし、訪問する企業もまた見つかった。わたしたちで力になれるような企業だといいな。

f:id:Saeri:20151211024731j:image

ありがたいなぁという気持ちに包まれて

きょうはおやすみ。